スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

新潟到着


新潟を訪れて今年で3年目。
十日町の駅に着いてレンタカーを借りると、毎年必ず訪れる蕎麦屋がある。

皇室御用達の老舗蕎麦屋、その名を小嶋屋総本店。大正11年創業。

布海苔をつなぎに用いたその蕎麦はまるで絹のような歯触りで、口に含むと蕎麦の方から喉に流れ込んでくるかのごとし。
開店するとすぐに満席になる繁盛で、店の前には順番待ちの客が絶えない。

僕は毎年同じ時間の新幹線に乗って早めに着くため、ちょうど開店に合わせてやって来られるので並ぶこともなく卓につける。そのタイミングも含めて気に入っている。

これからガキどものお守りをしなければならない気持ちの重さをしばし脇に置いて、極上の蕎麦をすするのは至福のひとときだ。僕にとっては、この蕎麦屋が新潟のクライマックスと言っても過言ではない。

別に蕎麦通でもなんでもなく、東京では富士そばくらいしか立ち寄らないのだが、新潟へ来ると急に「若いのに味の分かる男」のフリをしたくなる。

お腹いっぱい食べて、さあ、これからガキどものお守りだ。

私の新潟は、今年も無事終わった。

Posted by 松山 立 at 11:10 | - | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 11:10 | - | - | -

コメント
せいぜい頑張ってくさだい。

妻 | 2012/08/15 01:58


コメントする






この記事のトラックバックURL
http://matsuyamaryu.jugem.jp/trackback/37
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Recent Entries

Categories

Links

Archives

Recent Comments

Profile